相場日記

投機の収支記録(株・先物・為替・仮想通貨)

カテゴリ: 雑記

源泉徴収なし口座にてデイトレード 資産100万を日率0.5%増やせたら
1年(月20日×12か月=240日)で329万3,736円から税金20%を収めて
(売却益229万3,736円×0.8+元本100万)口座残高 283万4,988円

源泉徴収あり口座にてデイトレード 資産100万を日率0.5%で増やせても
トレード毎に税金20%を収めて 1年(月20日×12か月=240日)
口座残高 259万6,315円
※本来の税率は20.315%

デイトレード 複利で運用するなら源泉徴収なし口座がかなり有利と思われ
(特に専業や 兼業でも毎日参加出来るような トレード回数が多い人)


種が少額な内は 日率0.5%(上手い人なら2%)行ける?ハズ(トラたぬ
先週比+2%を目標にしてるのは 日率0.5%をクリアするため

先日 YouTubeで4K動画を観ていたら 何故か普通な感じ・・
トレードのやり過ぎで 目が疲弊してしまったのか?
確認してみたら フルHD画質で再生してる

4Kモニターで光回線なのに?んで
回線速度を久しぶりに測ったら・・・
驚愕の下り10Mbps!?そろそろIPv6 IPoEへ移行するべきなのか?

まあ まずはLANケーブルを新品へと思いアマゾンでぽちって交換

交換前
2.9-speedtest

交換後
2.9-speedtest2

どうやら LANケーブルが悪さしていた模様


新しいケーブルのパッケージと外したケーブル
DSC_0002

LANケーブルも劣化するらしい それとも扱い方が悪かったのか?
取り敢えず 現状のままで大丈夫そう
下り1Gbps回線契約時は600Mbps出てたから 混雑はしてきたのかな

今回 IPv6について色々と調べてみて
現状の契約(フレッツ光ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ隼)
機器構成だと WiFiルーターをIPv6(IPoE)対応の物に変えれば
無料でIPv6(IPoE)へ移行できるらしい

下り速度が2桁台まで下がったら 即 移行するという事で

何も考えずに証券特定口座を「源泉徴収あり」にしていたが
どうせ ふるさと納税や何やらで確定申告するわけで(アマギフ40%還元 復活希望)

源泉徴収ありの特定口座で譲渡益が20万以下の場合
確定申告しても所得税は還付されない‼(住民税は要納付)
そもそも譲渡益が20万以下の場合 申告の義務がない
もし譲渡益が19.9万だった場合 3万ほど損をすることになる

投機が上手い人には無関係かもしれませんが
株いじりが下手で貧乏な自分には死活問題なので
すべての証券会社株口座 特定口座 源泉徴収「あり」から「なし」へ変更


松井証券 区分変更申請書類を取り寄せて記入して提出
カブドットコム証券 区分変更申請書類を取り寄せて記入して提出
DMM証券 区分変更申請書類を印刷して身分証明書コピーを添えて提出
ライブスター証券 Webサイト上で変更が完結
岡三オンライン証券 区分変更申請書類を取り寄せて記入して提出
SBI証券 Webサイト上で変更が完結
GMOクリック証券 区分変更申請書類を取り寄せて記入して提出
楽天証券 Webサイト上で変更が完結 身分証明書のデータ提出

ライブスター証券とSBI証券はWeb上で完結するので楽ちんなのだが
DMM証券はまず 申請方法を調べることから分かり憎く
さらにpdfデータ落として自分で印刷させるとか・・

↑このページのトップヘ